Windows用キーボードをMacで使うためには!

Pocket

Windows用キーボードをMacで使うための設定

普段自宅で使用している iMac には、BootCamp 機能で Windows7 をインストールして、両 OS を切り替えて利用しています。
キーボードもそれぞれの OS 用のキーボードを使用していますが、キーボードを取り替えるのが面倒で、どちらか一つにならないかなと考えていました。

そこで、Windows 用のフルキーボードを Mac で利用できると便利だと思い、設定してみました。

なお、OS X Yosemite(バージョン10.10)で設定しています。Sierra(バージョン10.12)で設定するには、こちらの記事”Windows用キーボードをMacで使うためには!(Sierra編)”も参照してください。

Windows 用キーボードは、これです!

ロジクール社ソーラー・無線キーボード K750 です。
電池不要ワイヤレス接続なので、非常に使い勝手が良いです!
キーボード K750

設定です

1.キーボード K750 のロジクールUnifyingレシーバーを USB へ差し込みます。

ロジクール Unifyingレシーバー
特に問題なく、iMac でキーボードが認識されました。

(すでに、Windows を利用しているので、ここまでは既に完了しています。)

 2.次に、日本語キーボードとして認識させましょう。

・システム環境設定から「キーボード」を選択します。
WindowsキーボードMac上の設定
・「キーボードの種類を変更…」をクリックします。
WindowsキーボードMac上の設定
・「続ける」をクリックします。
WindowsキーボードMac上の設定
・左 Shift キーの右のキー(Zキー)を押します。
WindowsキーボードMac上の設定
・右 Shift キーの左のキー(_キー)を押します。
WindowsキーボードMac上の設定
・JIS(日本語)を選択して、完了を押します。
WindowsキーボードMac上の設定

3.Mac 日本語キーボードに存在するスペースバーの両隣のキーに対応させましょう。

Seil(フリーソフト)を導入して、設定します。
WindowsキーボードMac上の設定
・Launchpad(メニュー)から Seil を起動し、For Japanese の3つをチェックします。
WindowsキーボードMac上の設定
・Enable KATAKANA Key on PC KeybordのKeycodeを「104」に修正します。
WindowsキーボードMac上の設定

Windows 用キーボードが、このように設定されました。

K750 Mac 利用
Windowsキー          → command キーに
Altキー              → option キーに
無変換キー           → 英数キーに
変換キー            → かなキーに
カタカナ/ひらがな/ローマ字キー → かなキーに

これなら、違和感なく使用できると思います!

さらに、「Back」キーは、カーソルの左を消すキーとなり、「Del」キーは、カーソルの右を消すキーとして機能します。
これは、地味に使いやすいですね!

キーボード1台で両 OS 対応になりましたので、机の上もスッキリ、是非ご参考ください!

IT活用ならおまかせ!企業の成長をお手伝い!
ITコンサルティング オフィース絵夢

Pocket

Windows用キーボードをMacで使うためには!” に対して 18 件のコメントがあります

  1. franzneko より:

    先日ウインドウズからマックに乗り換えたもので、マック超初心者です。ありがとうございます。とてもたすかりました。もう30年も前にマックを見て、いいなあ、と思っておりましたが仕事の都合で導入できませんでした。先日ついにマックを衝動買い(?)してしまいました。ところで私はDOSの頃からの一太郎派でして、マックの日本語ワープロの選択肢が殆どないことに気がつきました。マイクロソフトからのがれたいのに、私の文書ジャンルではワードしか選択肢がありません。ああ・・・。
    しかし、Retinaデスプレイは美しいですね。

    1. Office M Office M より:

      コメントありがとうございます!
      Mac OS だと、純正の Pages があるので試してみてはいかがでしょうか。無料です。それから、ご存知かと思いますが日本語変換は、Google日本語入力が良いと思います。

  2. mac / logicool keybord man より:

    こちらの記事のおかげで、設定が出来ていたのですが、macOS Sierraにしたら、どうもWindowsキーボードで今までどうりに、文字の切り替えが出来ないようなんです。

    何か解決策はご存知ありませんか?

    1. Office M Office M より:

      コメントありがとうございます。
      私の Mac OS は、未だに Ysesemite ですので、Sierra のことは情報は持っていないのです。すみません、参考記事などがありましたら、是非ご教授くださいませ。
      「command + space」でも、日本語入力切り替えができますので、当面これで凌ぐと良いかもしれませんね。

  3. ozzy より:

    iMacレティナ21インチ OS El CapitanでMagic KeyboardとMagic Trackpadを使っています。
    BootCampでWindows8を使っているのですが、ロジクール社ソーラー・無線キーボード K750で
    Seil(フリーソフト)を使えば、アンダーバー( _ )、@なども入力できますか?

    1. Office M Office M より:

      コメントありがとうございます。
      すみません、私の Mac は Yosemite ですが、Seil では、スペースバーの両隣のキーの設定をしています。
      アンダーバーと @ は、Windows でも Mac でも全く同様に入力できています。El Capitan でも同様に使えるようでしたら、教えていただけましたら助かります。

  4. ozzy より:

    早速のご返事、ありがとうございます。ロジクール社ソーラー・無線キーボード K750のソーラーが気になって、ネットで立ち寄ったことのない「マイクロソフトストアー」を探してみました。ワイヤレスが良いとは思うのですがUSBポートにレシーバーを取り付けるなら更に安価な有線にと思っています。
    (マイクロソフト 有線/USB接続/防滴 L2 Wired Desktop 600 Mac/Win Japanese Hdwr APB-00030)
    Amazonで¥,2000程度です。
    結果が出次第、報告させていただきます。

    1. Office M Office M より:

      有線のキーボードは、確かにお安いですよね。おそらく、キーの設定は有線も無線も関係ないと思われます。結果、ご報告いただけましたらうれしいです。

  5. ozzy より:

    大成功、完璧です!
    会社で使っていたWINDOWSのキーボードを思い出しています。Magic Trackpadは普通(?)に動きました。[http://maccle.com/my-tips/random-freeze-windows8-in-bootcamp/] のお陰で、フリーズしていたインターネットエクスプローラも快調に動いています。
    何か起きた時には、またお教えください。

    1. Office M Office M より:

      ご報告、ありがとうございます。キーボード使用できて、またフリーズも解消ですか。おめでとうございます。良かったですね!

  6. NAOKI.S より:

    初めまして
    WINDOWSユーザーから 今年からMacユーザーになりました
    IMACを使っています
    テンキーが付いて無いので ちょっと不便を感じてました
    ネットで ↑のK750 Mac版を見つけたのですが 海外でしか販売していなくて
    デザインがMacっぽくって すごく迷っていましたが・・・・

    そして このサイトで Windows版のロジクールK750も使えることがわかり
    元々 この同じキーボード持っていたので 早速 書いている通りに設定して見ました
    ちゃんと使えます。
    ありがとうございました

    1. Office M Office M より:

      コメントいただき、ありがとうございます。ちゃんと設定できて、良かった!
      K750は、ソーラーで薄型でテンキー付きなので、私も気に入っています。この記事を書いたのが、ほぼ2年前ですが、今でも有効で嬉しいです。

  7. 藤村将貴 より:

    こんにちは。
    記事拝読いたしました。
    私もmacでwindowsキーボードを導入しようとしておりますので、大変参考になりました。
    感謝いたします。
    ところで私はmicrosoftの『Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006』と言うキーボードを導入しようと考えているのですが、その際にお聞きしたい事が一つあります。
    記事中で『seilアプリ』を導入する際に、『Enable KATAKANA Key on PC KeybordのKeycodeを「104」に修正します。』と言う手順がありますが、こちらの設定はキーボードにより『104』の数値に違いはありますでしょうか?
    大変厚かましいお願いでは在りますが、ご教授いただけますと幸甚です。
    何卒宜しくお願いいたします。

    1. Office M Office M より:

      コメントいただき、ありがとうございます。
      実際、Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006 のキーボードは、手元にないので確認することはできませんが、Enable KATAKANA Key on PC KeybordのKeycodeを「104」もしくは「106」でお試しいただけないでしょうか。
      あと、OS X Yosemite の設定ですので、Sierra だと seil が動かないと思います。今後 Sierra 対応の記事を書こうと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です