Windows用キーボードをMacで使うためには!(Sierra編)

Pocket

Windows用キーボードをMacで使うための設定(Sierra編)です。

Mac OS を Yosemite(バージョン10.10)から Sierra(バージョン10.12) にアップデートすると、キーボードを Mac 用に設定するために使用していたアプリケーション Seil が使えなくなり、再設定が必要になりました。

今回、Karabiner Elements を使用して、Sierra でキーボード設定してみました。キーボードは、ロジクール K750 です。

K750

なお、Windows キーボードを初めて Mac で使用する場合や Yosemite で設定する場合は、こちらの記事「Windows用キーボードをMacで使うためには!」も参考にしてください。

先ず、Seil をアンインストールします。

Seil を起動し、”Misc & Uninstall” タブの “Launch uninstaller” をクリックします。

Seil アンインストール

この後、Mac を再起動します。

次に、Karabiner Elements をインストールします。

Karabiner Elements の最新版をダウンロードしてインストールします。

Karabiner-Elements

Mac 用にキーバインドを設定しましょう。

Karabiner Elements を起動します。

Karabiner Elements

以下の設定をしました。”Add Item”をクリックして、キーバインド設定を追加していきます。

Karabiner Elements

上の設定で、キーボードの左上にある”半角/全角/漢字”キー(grave_accent_and_tilde)を、”英数”/”かな”のトグル動作に設定します。F13キーが空いているので、これにしました。

”システム環境設定→キーボード→ショートカット→入力ソース→前の入力ソースを選択”を、F13に(”半角/全角/漢字”キーを押して)設定すると、”英数”/”かな”のトグル動作に設定されます。

システム環境設定

次に、”Virtual Keyboard”タブの Keybord Type を “JIS” に設定しましょう。

Karabiner Elements

このように設定されます。

K750

”半角/全角/漢字”キー                    → ”英数”/”かな”トグル キーに
Windowsキー                              → option キーに
Altキー                                        → command キーに
無変換キー                                   → 英数キーに
変換キー                                      → かなキーに
カタカナ/ひらがな/ローマ字キー    → かなキーに

これで、Sierra でも使用できると思います!

「Back」キーと「Del」キーも、Windows と同様に使えますよ!

また、キーボードの左上にある”半角/全角/漢字”キーを、”英数”/”かな”のトグル動作に設定しましたので、Mac 専用キーボードより使いやすくなったかも知れませんね。

是非ご参考ください!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です