Office for Mac 2011の使用期限

Pocket

Office for Mac 2011のサポート期限

Microsoft Office for Mac 2011Office for Mac 2011 スイート製品のすべてのアプリケーションは、2017 年 10 月 10 日にサポート終了となります。

この日を過ぎると、新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、無料または有料のサポート オプションまたは技術コンテンツの更新は提供されなくなります。

詳細については、「マイクロソフト サポート ライフサイクル」を参照してください。

公式サイトには、以下の記載がありました。

Microsoft 2017 年にサポートが終了する製品

Microsoft Office for Mac 2011

Office for Mac 2011の最新OS対応

MacOS 10.13 High Sierra では、Office for Mac 2011 はサポートされていません。Office アプリを起動できないことも考えられます。

Office for Mac 2016 のエディション比較

 (2017年9月現在) Home & Student Home & Business Office 365 Solo
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
商用利用
インストール台数 Mac 2台 Mac 2台 Mac/PC 2台
Windowsで利用
OneDrive 5GB 5GB 1TB
価格(1年目) 25,704円 37,584円 12,744円
価格(2年目) 0円 0円 12,744円
価格(3年目) 0円 0円 12,744円

 

さて、どのエディションを購入しましょうか?

Home & Student

・個人や家で利用し、Outlook を使用しない場合は、このエディションで良いでしょう。
・購入費用は1回発生するだけです。

Home & Business

・Office を商用利用する場合、Outlook を使用する場合は、このエディションがおすすめです。
・Home & Studentと同様に、購入費用は1回発生するだけです。

Office 365 Solo

・Office を商用利用する場合、Outlook を使用する場合、また、Mac だけでなく Windows でも Office を使用する場合もこのエディションがおすすめです。
・費用は、毎年発生します。
・Microsoft のクラウドストレージ OneDrive が、1TB 利用可能なことも大きな特徴です。

サポート期限を迎える Office for Mac 2011 ユーザーの方、Office for Mac 購入時のご参考にしてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です