Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SSD 2TBを導入し、超快適なPCに!

Windows

Pocket

自作 PC のストレージに大容量の SSD を導入しました。

インテル第9世代 CPU Core i7 9700 で PC を自作しましたが、製作時のストレージは、2.5インチ SATA SSD 480GB でした。

SATA 規格のため、この SSD は、読込速度:550 MB/s 書込速度 :510 MB/s の性能しか出ません。

また、容量も 480GB しかなく、データ保存するための空き容量も不足していることが問題でした。

これらの問題を解決するため、大容量の M.2 規格 SSD を2枚導入し、このことで高速化が図れるため、超快適な PC となりました。

SSD 2TB

マザーボードには、M.2 SSD が2枚実装可能です。

Windows 起動(C)ドライブは、 512GBの高速 M.2 SSDに交換し、Windows やアプリケーション起動時間が高速化されます。理論値約6倍高速化されました。

また、写真が趣味のため大量の画像データを保存するストレージも必要で、データ保存用(D)ドライブとして、1TBの M.2 SSD も導入しました。

さらに、製作時に実装していた 2.5 インチ SSD もその他の用途用(E)ドライブとして活用することにしました。

SSD の合計容量は、2016GB(約2TB)となりました。

iMac 2017 との性能比較

メイン PC として使用してきた iMac 2017 (5K)との性能比較です。

Novabench というベンチマークアプリで計測してみました。

iMac との比較
CPU5961065
GPU5581035
Disk105210

iMac 2017 と比較して、ほぼ2倍の性能が出ています。メモリーは、クロック(周波数)の微増差でした。

まとめ

今回実装した SSD の価格(購入時)

1.M.2 512GB : 9,080円

シリコンパワー PCIe Gen3x4 P34A80 SP512GBP34A80M28

2.M.2 1024GB : 13,800円

インテル SSD 660p SSDPEKNW010T8X1

3.2.5インチ SSD 480GB :  5,618円

CFD CSSD-S6B480CG3VX

課題など

メモリー価格の値下がりのため、大容量の SSD を比較的安価に実装することが可能となりました。

ハードディスクを搭載しない PC を制作しましたが、今後ハードディスクは、外付け USB 接続として、バックアップ用に活用すると良いと思いました。

また、2.5インチ SSD の用途は、何かテスト用(例えば、VMware を活用して、WindowOS上に仮想的なPCを作る等)のストレージに活用しようと考えています。

高速な PC が制作できましたので、今までメイン PC として使用していた iMac に代わり、今後この PC をメインに使用して行こうと思います。

Pocket

Windows