M1 Mac 外付けSSDの課題(速度)検証

Mac, Windows

Pocket

M1 Mac の外付けSSDが遅い、とのネット記事が多く見られました。

外付けSSDは、写真、動画、書類などのファイルの保管用やバックアップ先として、高速にアクセス可能なため、最適なストレージでおすすめです。

今回は、本当にアクセス速度が遅いのか、検証してみました。

検証には、自作の外付けSSDを2種類使用し、M1 Macbook Air 2020 と、2022年1月にインテル第12世代CPU Core i7-12700を搭載した自作PCとの速度比較を行いました。

自作した外付けSSDは、こちらです。

SSDは Mac と Windows PC の両方でアクセスする必要があるため、exFAT 形式でフォーマットしています。

アクセス速度の計測には、以下の接続ポートおよび計測アプリを使用しました。

M1 Mac

接続ポート:USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
アプリ:AmorphousDiskMark

自作PC

接続ポート:USB 3.2 Gen 2(最大10Gb/s)
アプリ:CrystalDiskMark

※:USB 3.2 Gen2は、USB 3.1 Gen2と同じものであり、最大転送速度は10Gb/sです。 

速度計測

まずは、M.2 SSD 1024GB の速度比較です。

外付けSSD

この M.2 SSDのアクセス速度理論値は、読み込み:1800MB/s 書き込み:1800MB/s の性能です。

M1 Macbook Air 2020 Intel 第12世代 自作PC

M1 Macbook Air 2020の方は、何だか遅いです。約65~70%の速度しか出ていません。

次に、SATA SSD 240GB の速度比較です。

外付けSSD

この SATA SSDのアクセス速度理論値は、読み込み:550MB/s 書き込み:510MB/s の性能です。

M1 Macbook Air 2020 Intel 第12世代 自作PC

やはり、M1 Macbook Air 2020の方は、遅いです。約63~68%の速度しか出ていません。
Intel 第12世代 自作PCの方は、ほぼ理論値の数値が出ていました。

ちなみに、M1 Macbook Air 2020の内蔵ストレージも測定してみました。

外付けSSD

これはすごいですね。爆速です!

まとめ

ネット記事の書き込みの通り、やはり M1 Mac で、外付けの SSD デバイスのアクセス速度は、遅い結果となってしまいました。

外付け SSD のアクセス速度が遅い原因は、断言はできないですが、アップル純正 CPU M1 に起因しているように感じました。

今後発売されるアップル純正 CPU 製品で、改善されることを期待したいと思います。

 

こんな記事も書いています。

Pocket

Mac, Windows